あきた元気ムラ!秋田県のがんばる農山漁村集落応援サイト

秋葉獅子

画像:秋葉獅子

 梅に桜、ベニスモモが同時に咲き誇る5月上旬、由利本荘市笹子(じねご)地域の町集落と天神集落では、秋葉神社例祭が行われます。

 通称「お獅子様」と呼ばれる、真っ赤な獅子頭が舞うお祭りで、旧暦3月24日と25日に、天神集落の天満宮で行われます。無病息災を祈る獅子舞が演じられた後、集落会館に住民一同が会してお祓いを受けます。

 獅子頭の額には江戸時代に笹子一帯を統治した生駒氏の御紋付・半車の紋章が、さらに獅子頭の口中には「生駒監物」の文字が書かれ、秋葉獅子と生駒氏の深いつながりを感じさせます。大正6年(1917年)に起こった町集落の大火の際に、獅子頭が焼失を免れたことから、秋葉獅子は火伏せの神としても地域の信仰を集めてきました。

 以前は、40軒近くの家を1軒1軒、1日がかりでまわったと言います。獅子が家に入ってくると、家人は獅子を山菜料理でもてなします。「秋葉獅子は小さいときから当たり前に見てきた風景。この行事の面白さを伝えていきたい」と保存会メンバーの皆さんは話していました。

平成22(2010)年12月掲載
令和3(2022)年3月更新
 
 ■参考文献 
『鳥海町史』

【関連リンク】産地直送ブログ
由利本荘市上笹子地域の秋葉獅子祭典(2013年5月掲載)
秋葉獅子と巡る山菜の精進料理(2010年5月掲載)