にかほ市小砂川 人口:608人 世帯数:247 世帯

5月の春祭りでは、子供たちが樽神輿と一緒に地域を練り歩く。

日本海に落ちる夕日。小砂川海岸からは絶景が楽しめる。

小砂川地域から見える霊峰・鳥海山

岩壁に咲く浜菊。日本海側では珍しく、9月下旬~10月下旬が見ごろ。

地域のあらましと歴史

 にかほ市象潟の小砂川(こさがわ)地域は、山形県との県境、秋田県最南端に位置する地域です。
 鳥海山と日本海に囲まれ、三崎公園の見晴らし台からは飛島と日本海を眺めることができます。小砂川海岸に夕陽が沈む様子は絶景です。
 鳥海山の伏流水が海中から湧き出ており、伏流水によってプランクトンが豊富になり、小砂川沖で採れる岩牡蠣はミネラル豊富で甘みが強いと言われています。地域内の「清水場(しみずば)地区」の「出つぼ」と呼ばれる水源地も、湧き水を汲みにくる人々で人気のスポットとなっており、まさに「水の郷」です。
 子供たちに伝承されている大日堂獅子舞や、鳥海山の手長足長伝説、松尾芭蕉の「奥の細道」の街道跡、紀行家の菅江真澄が宿泊した旅籠など、様々な歴史が伝わっています。
 地域の小砂川海岸は日本海に浮かぶ飛島と夕日を見られる絶好のビューポイントになっています。また、6月~8月盆前の小砂川沖では、ウェットスーツを着込んだ漁師が岩ガキを採る素潜り漁が行われ、夏の風物詩となっています。
※人口・世帯数は令和4(2022)年4月1日現在のにかほ市のデータです。

アクセス

関連記事

清水場の湧水「出壺(でつぼ)」

 にかほ市の旧象潟町には、鳥海山の伏流水を水源とする小河川が多く見られ、小砂川地域の東に位置する「清水場地区」の「出壺(でつぼ)」もその一つです。出壺と呼ばれる湧水地から地区内に水路を引いており、昔から飲料水な...

自然・施設

湧き水

中世からの交通の要「三崎山旧街道」

 にかほ市・小砂川地域の三崎山(三崎公園一帯)には、15世紀以降、日本海側の唯一無二の街道として重要な役割を果たした「三崎山旧街道(秋田県指定史跡)」が通っています。三崎山には「地獄谷」「駒泣かせ」などの地名があ...

歴史

史跡

小砂川の岩ガキ

 にかほ市の小砂川(こさがわ)沖で採れる天然岩ガキは、海中から湧き出る、ミネラル豊富な鳥海山の伏流水の影響により、とろりとした甘さが特徴です。6月から8月のお盆前の期間は、ウエットスーツを着込んだ漁師が、海にもぐって...

買う

直売所

日本海の絶景「小砂川海岸」

 にかほ市・小砂川地域の小砂川海岸は、日本海の荒波で削られた険しい崖が立ち並び、「千貫岩」「トンカ石」「カモメ石」など、一つ一つの岩に名が付けられた奇岩怪石が見応えある景色を作り出しています。日本海に浮かぶ飛島...

自然・施設

ビューポイント

史跡と日本海の展望「三崎公園」

 秋田と山形の県境に位置する三崎公園。  日本海に突き出た「観音崎」「大師崎」「不動崎」の3つの岬が名の由来となっています。公園一帯は「三崎山」とも呼ばれ、約3000年前の鳥海山噴火による溶岩で地形がつくられました。...

自然・施設

ビューポイント

大日堂子ども獅子舞

 にかほ市小砂川(こさがわ)地域では、明治以前から受け継がれてきたという「大日堂子ども獅子舞」が、1月7日と8月7日の年2回行われます。象潟地域のほとんどの村に伝承されている「十二段獅子舞」の流れをくむと言われ、小学...

伝統行事・イベント

伝統行事

八幡神社の御頭(おかしら)行事

  にかほ市の小砂川地域では、年に2回(1月と5月)、大人が巡行する御頭(おかしら)様の行事があります。小砂川地域では、獅子のことを「御頭様」と呼びます。  5月の第3日曜日は、小砂川の氏神様・八幡神社のお祭りで、こ...

伝統行事・イベント

伝統行事

伝統ある「しめ縄」づくり

   にかほ市小砂川地域の八幡神社に飾られる「しめ縄」は、毎年、年末に新しいものが作られます。しめ縄の中央に「昆布」と「焼きぼし(にぼし)」を巻くのが小砂川地域の伝統で、熟練技を持つ地域の方が製作に励みます。そして...

伝統行事・イベント

季節の行事

手長足長伝説

 にかほ市・小砂川地域には、約1200年前、三崎山(現在の三崎公園一帯)に住んでいた「手長足長(てながあしなが)」と呼ばれた怪物の伝説が伝わります。手を伸ばせば鳥海山の頂まで届き、足はひとまたぎで飛島まで届くといわ...

歴史

史跡