お知らせ

郷土料理「きりたんぽ」

2020年09月14日

  • お知らせ
  • イベント
  • 新品種

米どころ秋田を代表する郷土料理と言えば“きりたんぽ”。もともと県北地方のマタギたちが、ご飯をつぶし、棒に刺して焼いて食べていた携行食糧を、ヤマドリやキジの鳥鍋に入れて煮込んだものと言われています。今は、「おふくろの味」「ハレの日の食べ物」として各家庭で受け継がれています。

その本場大館市では、10月末日まで、「たんぽ一万本チャレンジ」として、自分で作ったきりたんぽをSNSに投稿するキャンペーンを実施しています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
https://odate-foodfes.com/tanpo10000/

 

 

 

 

 

facebook

Youtube

  • 美の国あきた
  • 秋田牛
  • 比内地鶏
  • JA全農あきた
  • 発酵ツーリズム