2017年04月01日

    応援って、具体的に何をすればいいの?

    少子化対策応援ファンド協賛定期預金」をするだけです!
    少子化対策応援ファンド協賛定期預金」は県内の金融機関で申し込みができる商品です。
     

    少子化対策応援ファンド協賛定期預金の取扱い金融機関

    秋田銀行の本店・支店
    北都銀行の本店・支店
    秋田信用金庫の本店・支店
    羽後信用金庫の本店・支店
    秋田県信用組合の本店・支店
    岩手銀行秋田支店
    秋田県内JAバンク(15JA)の本所・支所
     

    なぜ、定期預金をすると少子化対策への応援になるの?

     ファンド協賛定期に預金を行うと、金融機関の負担で、預金残高の一定割合に当たる額が少子化対策応援ファンドへ寄附され、ファンドからは、企業・団体などが行う少子化対策の取組に対して助成を行います。
    つまり、皆様が協賛定期に預金すると、秋田県の少子化対策を応援することになる、というしくみです。
     

    サポーターパスポートって何?

     預金をしていただいた方には、秋田県の少子化対策を応援している証として、県内のさまざまな施設等で割引などの優待サービスが受けられる「サポーターパスポート」を差し上げます!
     サポーターパスポートが使える施設は、男鹿水族館GAOやクアドーム ザ・ブーン、秋田ノーザンハピネッツなど、たくさんあります。下記詳細をご覧ください。

    ○優待利用施設についてはこちら → 「サポーターパスポート優待利用施設のご紹介」
    ○ファンドの助成についてはこちら →「少子化対策応援ファンド助成事業」
     

    ☆☆ 少子化克服の取組を応援するために、ぜひご検討ください! ☆☆

    関連情報