本文へスキップ

地域について

三種町下岩川  人口:1,109 人 世帯数:454 世帯

  • 長面三兄弟の阿計志丸(あけしまる)の名が刻まれた石碑
  • 長面神明社の祭典では、地域内を神輿が巡行する
  • 下岩川地域力推進委員会が主催するイベントのひとつ「夕涼み会」
  • 地域住民を挙げて行われる「除雪大作戦」
  • 地域住民が一堂に会す「下岩川地域大盆踊り大会」

北秋田市根子地域の記事

名物に触れる

食を楽しむ

名産を買う

語りを聞く

地域のあらましと歴史

 三種町の旧山本町に位置する下岩川地域は、秋田県道4号能代五城目線沿いにあります。12集落でつくる山間の地域で、古くからの歴史を伝える石碑が数多く残されています。
 地域には、平安時代、朝廷軍の坂上田村麻呂と闘った長面三兄弟が活躍する「房住山昔物語」が伝わっており、三兄弟の末弟、阿計志丸(あけしまる)の名が刻まれた石碑が長面集落に建立されています。
 この他にも、江戸時代の紀行家、菅江真澄が三度訪れ、著書『かすむ月星』では宮ノ目集落の「宮桜」や、小町集落の「小町の清水」、鬼首山の桜などについて触れています。
 下岩川地域は、日本芸術界の頂点に輝き、その人生の最期まで舞台に立ち続けた舞踊家「石井漠」や、二代目下岩川村長を務め、私財を投げうって「秋田出獄人保護所(現在の秋田至仁会)」を創設した「川村養助」などの、偉人たちのふるさとでもあります。
 向達子集落には、「向達子番楽」が継承されており、お盆に集落で奉納されるほか、地域のイベントでも披露されます。
 地域では、「下岩川地域力推進委員会」を設立し、町の支援事業を活用して、盆踊りの継承が難しくなった集落のため、平成26(2014)年から「下岩川地域大盆踊り大会」を開催しています。また、同事業を活用し「夕涼み会」を行ったり、地域産の米の米袋をデザインしたりと、様々な活動が展開されています。

※人口・世帯数は平成30年4月1日現在のものです。

お知らせ