画像:長面(ながおもて)神明社祭典

  三種町下岩川地域の長面神明社の祭典は、地域の安全や五穀豊穣を祈願します。

 当初は神事を行い、直会(なおらい)をするだけでしたが、「祭りにはお神輿があった方が活気がつく」と、昭和56(1981)年に神輿と子ども神輿(俵神輿)が作られ、お神輿巡行が始まりました。当初は若者が多かったため、神輿が軽く感じられましたが、一時期、担ぎ手が減少し、250㎏以上ある神輿を担ぐには一人ひとりの負担が大きくなりました。それでも、平成24(2012)年、「下岩川地域力推進委員会」が若者を呼び込む企画をおこし、神輿担ぎの仲間が増えていきました。
 長面神明社の祭典は、地域住民一人ひとりが、少しずつできることを行い、祭りを活気づけています。
令和3(2021)年1月掲載
 
【関連リンク】産地直送ブログ 
三種町下岩川地域、長面神明社の祭典!(2018年掲載)

こちらの記事もおすすめです

小町の清水

 三種町下岩川の小町集落には、小野小町にまつわる「小町の清水」があります。江戸時代の紀行家、菅江真澄が文化3(1806)年、53歳の時の旅を記した「かすむ月星」によると、「小町村に来た。小野小町にゆかりがある小町清水が、...

自然・施設

湧き水

ねぶながし

  三種町下岩川地域の長面(ながおもて)集落では、毎年8月に、「ねぶながし」行事が行われています。  灯籠に短冊が吊された笹を取り付けた山車が、軽快なお囃子とともに町内を練り歩きます。練り歩き終えると、災いが入って...

伝統行事・イベント

伝統行事

下岩川地域の「ドジョウ」

  三種町の下岩川地域では、町の農業再生協議会が耕作放棄地の解消につなげようと、労力がかからずに、単価の高い「ドジョウ」の養殖を農家に進めたことから、ドジョウの生産に取り組んでいる有志がいます。   幅広い年齢層で...

買う

地域活動

その他

その他