本文へスキップ

地域について

男鹿市安全寺  人口:165 人 世帯数:86 世帯

  • なまはげ大橋からは美しい里山の風景を望むことができる
  • 安全寺の自然に囲まれながらの農作業体験は子供たちにも大人気!
  • 元気なお母さんたちの山菜料理で美田の里オーナーの参加者をおもてなし
  • 大晦日には6体のナマハゲが各家々を訪問する
  • 桜が咲く頃に行われる日枝神社祭典は安全寺地域の風物詩

地域のあらましと歴史

 安全寺地域は「男鹿三山(本山・真山・毛無山)」のふもとに位置し、なまはげライン沿いに広がる地域です。なまはげラインに架かるなまはげ大橋からは男鹿三山に抱かれる安全寺地域の美しい風景を望むことができます。
 その美しい里の景観は「安全寺里山保全会」によって維持しており、平成27年度には秋田県農林水産部が指定する「守りたい秋田の里地里山50」にも選ばれました。
 保全会で平成26年から行っている「里山の美田オーナー」には毎年たくさんの参加者が訪れて田植えや稲刈り体験を楽しんでいます。
 地域の活動拠点となっている「安全寺公民館」は旧安全寺小学校の職員室を活用しており、お盆の迎え火の頃に盆踊りが行われるほか、行事の集合場所やナマハゲ行事の神事を行う場所として重宝しています。
 安全寺地域のナマハゲ行事は「戻りナマハゲ」と呼ばれています。男鹿のナマハゲ行事はかつて1月15日の小正月に行われており、「15日に男鹿の地域を巡り、16日に真山へナマハゲが戻る途中、真山のふもとに位置する安全寺地域に立寄る」という考えから、16日に行事を行うようになったため「戻りナマハゲ」と呼ばれるようになりました。
 また、安全寺地域の「十五日念仏講中」が維持する「十王堂」には「アミダ様」という仏様が祀られており、毎年1月15日近くの休日に御開帳の行事が行われます。アミダ様はかつて船にいたずらする仏様であったため、御開帳の日にだけその姿を現すことを許されています。安全寺地域に祀られるようになってからは漁師に御利益のある仏様として知られるようになりました。
 昔からの風習や風景を守るため、安全寺里山保全会をはじめとした団体が各々でできることを行いながら自然に密接した活動を行っている地域です。

※人口・世帯数は平成29年2月28日現在のものです。

お知らせ