[137KB]

 

 推奨年月日  令和2年8月7日

 題   名  となりのアブダラくん

 発 行 所  株式会社講談社

 著 者 等  黒川 裕子

 推奨理由   小6の晴夜(ハル)は体格もよく、空手は有段者だが、手芸が大好きでクラスメイトには内緒にしてい    

        る。ある日パキスタンからイスラム教徒の転校生がやってきた。イスラム教徒で生活様式も異なり日本語 

        も話せないアブダラくんのお世話係に任命される晴夜。意思の疎通もできず、戸惑いと苛立ちがつのる

        が、異文化の中に飛び込んできた転校生との関わりから、みんな同じでないこと、他者を尊重することを

        学んでいく。人と違うことは恥ずかしいことなのか、自分の身近な問題として読んでほしい作品である。

        (令和元年11月出版)

 

 優良図書等の一覧はこちら [96KB]からご覧ください。