しょうぼうねこ

 主人公は、黄色い体に黒い斑点のある野良猫ピックルズ。アパートの裏庭に暮らし、近所の子猫にいじわるするだけの退屈な日々を送っています。親切に接してくれるのは、住人のグッドカインド奥さんぐらい。でも、実はピックルズは「何かすてきなことをしてみたい」といつも願っているのでした。
 ある日、ピックルズは子猫を追い掛けて大きな木に登り、下りられなくなってしまいます。足をすくませ怖がっていると、グッドカインド奥さんから通報を受けた消防士のジョーが助けてくれました。
 消防署に連れて行ってもらったピックルズは、柱を伝って下の階に下りたり、消防車に飛び乗ったりする練習に励みます。署長にも認められ、「しょうぼうねこ」として晴れて消防士の仲間入りを果たします。
 生き生きと働くピックルズの姿と、彼を心通わせる人々の温かさが魅力的な作品です。少々長めの絵本ですが、子どもはきっと夢中になります。仕事に打ち込み、ついには念願の「すてきなこと」を成し遂げるピックルズの成長を見守りましょう。 

(令和2年3月29日秋田魁新報掲載)

 田中 絵美( 秋田市立中央図書館明徳館文庫 )

 

絵本情報一覧に戻る

※表は横にスクロールできます。

対象年齢 小学校低学年ぐらいから
作者名等 エスター・アベリル/作 藤田 圭雄/訳
出版社 文化出版局