秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

20.01.20

比内地鶏のガランティーヌ風

比内地鶏の弾力と美味しさを味わっていただくために、シンプルな調理方法にしました。とんぶりたっぷり入ったバルサミコソースとの相性も抜群。おもてなしにピッタリな一皿です。

材料(2人分)

比内地鶏もも肉1枚
小さじ1/4
たまねぎ(みじん切り)1/6個
舞茸(小房に分ける)1/2パック
A バルサミコ酢大さじ1
A 比内地鶏もも肉ゆで汁適宜
A はちみつ小さじ1
とんぶり大さじ1
醤油適宜
ベビーリーフ適宜
  1. 比内地鶏もも肉は、厚い部分を切り開き、筋を切り、ラップをのせて麺棒でたたき、厚さを均一にし、ラップを外し、塩をすり込む。皮を下にして置き、上にたまねぎ、舞茸をのせ巻きこみ、ラップを二重にして包み、端を輪ゴムでしっかり留め、竹串で数か所穴を開ける。
  2. 鍋に水を入れ、沸騰したら、①の比内地鶏を入れ、弱火で10分茹で、その後火を止めふたをして冷めるまでおき、取り出す。ラップを外し1㎝幅の輪切りにし、器に盛り付ける。(ラップの中に出た、肉汁は取っておく)
  3. 小さめの鍋にAを入れ、中火で煮詰め、少しとろみが出たら、火を止め、醤油ととんぶりを加える。②の器にとんぶりソースをかけ、お好みでベビーリーフを添える。