秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

17.12.29

比内地鶏ささみの葛たたき 梅鬼おろし和え

淡泊な部分であるささみの特性を生かしさっぱりといただける一品。

葛をまといつるんとした食感のささみと少し歯ごたえのある野菜と鬼おろしを合わせるのがポイントです。冷たい麺の付け合わせにも相性のいいレシピです。

材料(2人分)

比内地鶏 ささみ4切れ
ヤングコーン2本
オクラ2本
プチトマト2個
大根(鬼ころし用)厚さ4cmほど
梅干し(たたいたもの)40g(中1個程度)
少々
大さじ1程度
片栗粉適量
めんつゆ(3倍濃縮のもの)大さじ1
お好みで大葉や小菊などのつまもの適量

つくり方

  1. ささみは筋があれば取りのぞき包丁の背で軽くたたく。一口大に切ってから塩と酒を少々ふり、おいておく。(厚みのあるささみは縦に切目を入れ、開いてからたたいたほうが食感がよくなりますが比内地鶏のささみは小さめで繊細なため少したたく程度で大丈夫です。)
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かす。その間に大根の皮をむき鬼おろしですりおろす。鬼おろしがない場合はふつうの大根おろしでかまいません。いずれもキッチンペーパーを敷いたざるでしっかり水分をきってしぼっておく。
  3. 片栗粉を薄くはたいたささみを沸騰した湯に入れて2分ほど茹でる。茹で上がったら氷水に取り、熱がとれたらキッチンペーパーで水気をやさしくとる。オクラとヤングコーンは同じ鍋でそのまま茹でて同じように氷水にあげてしめたあとにやや厚みのある輪切りにする。トマトはオクラやヤングコーンの大きさくらいに合わせて切る。
  4. たたいた梅とめんつゆを鬼おろしに加えて味を調えたら、オクラ、ヤングコーン、プチトマトと混ぜて葛たたきにしたささみに和える。お好みで大葉や小菊があればあしらってもりつける。