秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

18.11.20

比内地鶏の甘酒漬け焼き丼

比内地鶏の旨味を生かし、青森産のニンニク、美味しい秋田のお米を使った小丼ぶりです。甘酒に漬けることと筋切りをすることで旨味を残しながら、ソテーするだけよりも柔らかく仕上がります。30分程度の漬け時間でも十分美味しくなりますし、一晩寝かせていただければより味がしみこみます。丼ぶりものにしてもよいし、焼いて時間がたってもしっかりとした味のためお弁当などにも適します。冷蔵庫に余っている野菜を千切りにして盛り付ければ、ちょっとおしゃれなお丼ぶりになります。

材料(4人分)

比内地鶏もも肉2枚
甘酒120cc
みりん30㏄
味噌大さじ1
しょうゆ50㏄
ニンニク1/2~1片
一味唐辛子適量
ごはん茶碗4杯
レタス適量
白髪ねぎ適量
人参せん切り適量
赤パプリカせん切り少々
ラディッシュ3個
ブロッコリースプラウト適量

作り方

  1. 比内地鶏もも肉は半分に切り、所々筋切りをする。ニンニクをすり下ろす。
  2. ボウルに甘酒、みりん、味噌、醤油、ニンニクすりおろし、一味唐辛子を入れて合わせ、もも肉を入れてよく揉みこみ、冷蔵庫で一晩寝かせる。。
  3. もも肉の合わせ調味料を軽くふき取り、焦がさないようにフライパンで皮目から焼きます。焦げやすいので途中,蓋をして焼き上げます。焼きあがったら、残っている合わせ調味料を少し加えて火を通しながら絡める。
  4. ご飯を小さめの丼ぶりによそい、レタスを敷いてから、鶏肉を食べやすい大きさに切って汁ごと盛る。ラディッシュは薄く切り、レタス以外の他の野菜の千切りと合わせて上に天盛りにする。