秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

18.11.20

パリパリジューシー 基本のチキンソテー〜ラズベリーソース添え〜

比内地鶏は肉質が硬めですが非常に良い出汁がとれる特性があり
ます。それを生かして厚手の鍋で蒸し焼きにするポットローストの手法
を取り入れ、かつ冷やご飯とささがきごぼう、オリーブを一緒に加えて、
簡単にリゾットにして添えると、脂の旨味を丸ごといただけます。

材料(2人分)

比内地鶏のもも肉1枚
少々
粗挽き黒こしょう少々
Aラズベリーソース50㏄
Aバルサミコ酢大さじ1
A米酢大さじ1
Aはちみつ大さじ1
A薄口しょうゆ(なければ濃口でも可)小さじ1
A白こしょう少々
EXオリーブオイルお好みで
クレソン適量
ディル適量
スナップエンドウ適量

作り方

  1. 鶏のもも肉は下処理をし、縦半分に切る。調理を始める半日前ぐらいから、身を上にして網の上に広げ、ラップをかけずに冷蔵庫で冷やして乾かす。
  2. 1に塩胡椒し、5分ほど置いておく。フライパンに小さじ1のサラダ油(分量外)を入れ、中火で加熱する。フライパンが十分に温まったら、皮目から焼き始める。皮がキツネ色に焼けてきたら、ひっくり返す。
  3. お肉が反り返ってきたら、ターナーで抑え形を整える。弱火にして約10分ほどじっくりと火を通す。焼き上がったら、網の上に出しアルミホイルをかけて3分ほど置く。
  4. Aの材料を全て混ぜ合わせ、ソースを作る。スナップエンドウはさっと塩茹でしておく。
  5. プレートの真ん中にチキンソテーを置き、ソースとお好みでスナップエンドウやハーブ類を飾ったら完成。