本文へスキップ

地域について

地域のあらましと歴史

 大仙市半道寺(はんどうじ)地域は、上雨堤(かみあまつつみ)、上野(うわの)西、上野東、寺ノ下、間明田(まみょうだ)、園町、辰ノ口、大野、上大野の9集落からなる地域です。
 平成25(2013)年に、国と大仙市からの支援を得て「半道寺地域づくり・人づくり・未来づくり事業」の一環で、「半道寺三世代交流会館」を建設しました。交流会館が完成したことにより、老人クラブの集まりやイベントが開催しやすくなり、ペタンク大会や料理教室などが行われ、異なる世代を交えた交流が行われています。
 また、交流会館は災害時の避難所として指定され、食料や資材の備蓄が行われるなど、防災の拠点として緊急時に備えています。
 半道寺地域には、守り神である「仁王様」のお祭りや「梵天(ぼんでん)」など、古くからの行事が伝わっています。また、そのほかにも「地域を元気にしたい」という思いから「半道寺ふるさと祭り」を開催したり、途絶えていた夏祭りを復活させたりしています。
 地域の有志で結成した「半道寺おもてなし一座」によるスコップ三味線やチンドンパフォーマンスが披露されるなど、地域の老若男女が楽しみながら交流できる場となっています。
 半道寺地域では「集落間の連携」や「世代間の交流」、そして「安全・安心の確保」をメインテーマとして活動を行っています。


※人口・世帯数は令和3(2021)年4月1日現在の大仙市のデータです。

お知らせ

お知らせはありません。