お知らせ

ホタルが住むまち

2020年07月10日

  • お知らせ

秋田県では、住民が主体となって優れた景観を維持管理していることに加え、自然・文化・歴史・人など多様な地域資源を活用し、環境保全・交流活動等にも取り組む地域を「守りたい秋田の里地里山50」として認定しています。
今回紹介するのは、大仙市内小友の余目(あまるめ)地域です。そばや水稲の作付けが盛んなこの地域では、ビオトープや水路等の維持管理を通じた生態系の保全活動が行われており、今ではあまり見られなくなったホタルも生息しています。このホタルは地域のシンボルとなっており、夏には鑑賞会も開かれています。
地域で守り続けてきた自然と、これを取り巻く豊かな風土は、おいしいお米を育む秋田の「地力」となっています。

facebook

Youtube

  • 美の国あきた
  • 秋田牛
  • 比内地鶏
  • JA全農あきた
  • 発酵ツーリズム