大館北秋田森林組合|認定事業者の紹介|秋田県認定リサイクル製品Webサイト

認定事業者の紹介

認定事業者に、なぜリサイクルに取り組みはじめたのか、製品へのこだわりなどを紹介します。

間伐材等から生まれた①高性能残存型枠②防腐処理木材
大館北秋田森林組合
大館北秋田森林組合

何を作っていますか?(認定製品の品目名)

①高性能残存型枠 ②防腐処理木材

何をリサイクルしていますか?(廃棄物名、循環資源名)

間伐材、低位利用木材

それはどこから排出されていますか?

間伐を行った森林等

それは、これまでどう処理されていましたか?

利用されずに廃棄される事があった

その処理方法には、どんな問題や課題がありましたか?

廃棄から有効利用への転換が課題だった

製品について

①【改良型木製型枠パネル】 木製工作物
本製品は、杉間伐材などを使用したコンクリート構造物制作用の残存型枠です。従来品は施工時にコンクリート漏れが生じやすく、また重量も大きいという課題がありました。本製品は、これらの点を改良し、コンクリート漏れの起こりにくい構造にし、大幅な軽量化がされています。これにより現場での安全性、作業効率が向上されました。

 

②【プロテクト・ウッド】 加圧処理木材
材料に間伐材などを利用し、耐久性を与えるために防腐剤を加圧注入した製品です。

思い・メッセージ

①残存型枠は、型枠としての機能の他に、コンクリートの発熱を抑えて、ヒートアイランド化を防止したり、草木の根付けや微生物の発生を促します。製品の軽量化や作業効率の向上は、多様な面での低コスト化に繋がります。本製品は“自然に優しく、また使う側にとっても扱いやすい製品でありたい”という思いから生まれました。

②木材に防腐処理を施すことにより、大切な森林資源をより長期に渡って有効活用したいと考えております。

工場見学はできますか?

不可

大館北秋田森林組合

会社概要

大館北秋田森林組合
北秋田市脇神字佐助岱27-2
0186-62-1664
http://www.kitaakita.or.jp/

このページのトップへ