秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

18.12.14

比内地鶏のタッカンマリ風鍋

韓国料理では代表格の鍋料理でタッ=鶏、カンマリ=一羽、という意味で、本来は丸鶏を使って作りますが、弾力と滋味にあふれる比内地鶏のもも肉を使って手軽に作れるようなメニューです。きりたんぽに使用する具材を取りあわせ、しみじみ美味しい、和風の味わいに仕上げました。

材料(4人分)

比内地鶏もも肉
白ネギ
せり
ジャガイモ
舞茸
(スープ)
 比内地鶏スープ
 白ネギの青い部分
 しょうが(皮付き)
 塩
 しょうゆ
(たれ)
 白練りごま
 ポン酢
 七味唐辛子

作り方

  1. 深鍋に比内地鶏スープとねぎの青い部分、しょうが、塩、醤油を入れて火にかける。沸騰したら、筋を引いて塩をした鶏肉を入れ、ふつふつと沸騰する程度の火で10分ほど煮る。(肉が固くなるため、ぐらぐら煮立てないこと)途中、都度あくを引く。
  2. 白ねぎを4~5cmの長さの輪切りにする。じゃがいもは皮付きのままラップをして、6~7分程度(途中上下を返す)電子レンジにかけ、皮を剥いて大き目の一口大に切る。
  3. ①のねぎの青い部分としょうがを取り出し、鶏肉をバットに上げ、じゃがいもを加える。蓋をして10分程度、弱火でじゃがいもを煮る。
  4. たれを作る。小ボールに練りごま、ポン酢、七味唐辛子を入れて混ぜる。
  5. ③に舞茸、白ねぎを加えて2~3分煮込む。鶏肉を戻し入れ、味を確認して塩で調え、仕上げに5~6cmの長さに切ったせりを入れて火を止め、たれをつけていただく。