秋田県農林水産部畜産振興課公式メディア

レシピ紹介

18.11.19

比内地鶏の手羽先煮込み

比内地鶏の手羽先の旨味を充分に活かすために野菜たっぷりの煮込みにしました。手羽中の部分を半分に切って、食べ易くしています。手羽の端の部分を一緒に煮込んで旨みを全て使います。

材料(4人分)

A* 生姜(皮付きのまま太めのスライス)4枚
A* にんにく(つぶす) 1片
A* 鷹の爪(タネをとる)1本分
* 里芋(皮をむく)小10個
* 蓮根(皮をむいて1cmスライス)D14 200g
* 栗(茹でたもの・1個15g位 /鬼皮なし)10個
比内地鶏手羽先<下準備><下味:塩・胡椒 少々・片栗粉 大1>8~10本
B砂糖大さじ1
Bしょうゆ大さじ2
B紹興酒大さじ1
Bオイスターソース大さじ1.5
600㏄
胡麻油大さじ1
白髪葱適量

作り方

  1. *印の野菜をそれぞれに切る。調味料Bを合わせておく。
  2. <手羽先の下準備>手羽中と端の部分に切り分ける。
    手羽中と手羽端の関節部分にキッチンバサミを入れて(探りながら)切る。手羽中の2本の骨がついている部分(骨の両端の部分)にハサミを入れて切り(2箇所)、包丁で手羽中を縦に半分に切る。<手羽先の下味>塩・胡椒を少々と片栗粉(大1)をまぶしておく。
  3. フライパンに油を温めて、手羽中と手羽端をいれて、強火で焼き色をつける。A(生姜・にんにく・鷹の爪)を加えて、炒めて香り出し、調味料Bと水を加えて、沸騰させる。
  4. 里芋と蓮根を加えて、中火で15分煮込み、その後、栗を加えて10分煮込む。(煮詰まりそうになったら、水を少量足して下さい。途中かき混ぜながら煮込んで下さい。)
  5. 最後に胡麻油を回し入れて、ひと混ぜする。手羽中、里芋、蓮根、栗を器に盛り付けて、白髪葱を上にのせて出来上がり。