本文へスキップ

風土を楽しむ

上郷の小正月行事

画像:上郷の小正月行事


  鳥海山麓のにかほ市・横岡地域の厳しい寒さと豪雪の中、「ドンドン」と太鼓の音が集落全体に響き、子どもたちの元気な歌声が聞こえてきます。

ここ、横岡地域では「サエの神小屋焼き」、「鳥追い」、「餅もらい」など様々な行事をひっくるめての「小正月行事」が1月15日に行われます。
その小正月行事の中の一つ「サエの神小屋焼き」は、集落の子どもたちが主体となり子宝や安産、子育てなどを祈る年中行事で、平成10年(1998年)12月16日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
「サエの神」は村の峠などに祭られ、外から悪鬼や疫病が入り込まないように村を守る神様として考えられています。
また、横岡地域のサエの神は集落を通る道沿いに4か所確認することができ、「男性のシンボル」をかたどった姿で、妊娠中の方や女性にもご利益があります。
 
「サエの神小屋焼き」は1月2日から各家々での準備が始まり、15日にサエの神小屋が焼かれ、その後16日早朝にかけて様々な行事が行われます。
行われる準備の内容としては、集落の男性の数だけワラを束ねて「ヌサ」といわれる「神の依り代」を作るのですが、横岡地域では男性のシンボルを象ったものを作り、その年の福徳を司る神様(歳徳神)のいらっしゃる方角、地元では「歳徳の方角」といわれる方角に、作った「ヌサ」を吊るしておきます。そして1月11日に集落の大人たちがワラと「ヌサ」を集め、サエの神の近くに、集めてきたワラで小屋を建てるという作業を行います。
 
1月15日、小正月行事当日の朝には、サエの神を氏神としている、旧家・斎藤太助さんの当主が、本尊の近くでのろしを上げます。その合図により、4か所のサエの神小屋に一斉に火が放たれ、小屋の内部には古い木製のサエの神が祀ってあり、そのご神体も一緒に焼かれます。
 
小屋を焼いた後、子どもたちはそれぞれ家で待機をし、14時頃には自分の夕食を持参して、現在宿にしている横岡自治会館に集まります。
それから太鼓や唄の練習をして、16時頃から最初の練り歩き「一番鳥」が始まります。中学生が太鼓を叩き、小学生は「鳥追いの唄」や「サエの神の唄」を唄いながら、4か所のサエの神小屋の焼け跡の周りをそれぞれ3周します。
練り歩きが終わると、一度会館に戻り、みんなで夕ご飯を食べます。
そして「二番鳥」は「餅もらい」と称し、17時半頃から集落の家々を「もちもらいの唄」を唄いながら集落を練り歩き、お餅やみかん、お菓子などをもらって回ります。不幸があった家々には回らないという決まりがあるため、注意しながら集落を回ります。
集落を周った後、小学生は解散、中学生は翌日の「三番鳥」に備えて横岡自治会館に一泊します。
 
 翌16日早朝、年長の中学生の子どもたちよる「三番鳥」が行われます。この日も「鳥追いの唄」を唄いながら集落を練り歩き、サエの神の小正月行事は終了となります。
 
このように、横岡地域で行われる小正月行事は、子どもたちが主体となって行い、その中で子どもたちから元気をもらうことができる、大切な行事となっています。
「一番鳥」の練り歩きの途中、雪に足を取られてしまった低学年の子を高学年のお兄ちゃんが助け出したり、車道に出て次の祠へ移動する時には「車が来たから気をつけて!」と声をかけあったりと、それぞれの子どもたちが助け合いながら歩く姿は微笑ましく、同時にたくましくもありました。
「二番鳥」餅もらいでは、子どもたちは冬の寒さの中、ソリに乗せた袋一杯にお餅をもらって嬉しそうに集落を練り歩いていました。その様子を見守るご両親やおばあちゃんの姿には凍えそうな寒さに負けないくらいの暖かさがありました。
 
いつか集落の子どもたちが大人になった時、きっと今回の行事を見守っていた方々と同じ表情で、この小正月行事を見守るのでしょう。
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る