画像:川原の湯っこ(ゆっこ)

 湯沢市の秋の宮温泉郷の外れにある役内川の川原には、スコップで掘ると温泉が湧き出る場所があり、「川原の湯っこ」と呼ばれて親しまれています。
昔は農作業を終えた農民やマタギが、疲れを癒やすために利用していた、知る人ぞ知る秘湯でした。現在は、近くの小屋にスコップが常備されているので、誰でも掘って自分用の湯船をつくり足湯を楽しむことができます。

※川の水量が多い時は大変危険です。事前に天候を確認し、現場で水量が多い場合は川に入らないでください。また、温泉が湧き出る箇所によっては、温度が高くなっています。ビーチサンダル等を準備するといいでしょう。


令和2(2020)年3月掲載

■参考文献
『秋ノ宮の今とむかし』

●所在地:〒019-0321 湯沢市秋ノ宮湯の岱 →秋ノ宮地域イラストマップ
 

 

こちらの記事もおすすめです

秋ノ宮地域づくり協議会

 平成17(2005)年、湯沢市、稲川町、雄勝町、皆瀬村の1市2町1村の合併により新しい「湯沢市」が誕生しました。これをきっかけに、各地に自治組織が生まれ、秋ノ宮地域では29の町内会による「秋ノ宮地域づくり協議会」が発足し...

地域活動

地域団体

初代「川井橋」

 湯沢市秋ノ宮地域には、昭和初期に作られた初代「川井橋(かわいばし)」の橋桁の一部が保管されています。 川井橋は、昭和9(1934)年から平成4(1992)年まで、国道108号線に架かっていました。全国的にも珍しい「フィーレ...

歴史

その他

唐戸石(からといし)

 湯沢市秋ノ宮地域の旧中山小学校跡地では「唐戸石」を見ることができます。 江戸時代後期、中山集落で起きた地すべりによって役内川が堰き止められ、上流の集落は土砂によるダム湖(堰き止め湖)になったと言われています。現...

歴史

史跡