画像:初代「川井橋」

 湯沢市秋ノ宮地域には、昭和初期に作られた初代「川井橋(かわいばし)」の橋桁の一部が保管されています。

川井橋は、昭和9(1934)年から平成4(1992)年まで、国道108号線に架かっていました。全国的にも珍しい「フィーレンディール」と呼ばれる橋梁形式の鉄筋コンクリート製で、当時としては頑丈な構造でしたが、昭和22(1947)年の大洪水で橋脚が流出し、橋桁は川底に沈んでしまいました。しかし、橋桁はほとんど傷みがなかったため、川底から引き上げられて復旧されました。

架設から半世紀が過ぎ、橋の劣化や交通量の増加を考慮し、昭和42(1967)年、2代目の川井橋が架設されました。当時は初代川井橋と併用する形をとっていましたが、平成4(1992)年、3代目の川井橋が架設されるに伴い、初代の川井橋は解体されました。

現在は、初代川井橋の一連が目覚めの清水の向いに保存されています。保存場所からは、2代目、3代目の川井橋も見え、長年に渡り、地域の交通を支えてきた川井橋の歴史に触れることができます。


令和2(2020)年3月掲載

■参考文献
『秋ノ宮の今とむかし』
『現地看板』

●所在地:〒019-0321湯沢市秋ノ宮  →秋ノ宮地域イラストマップ
(国道108号に架かる川井橋の脇、五叉路公園内)
 

こちらの記事もおすすめです

秋ノ宮地域づくり協議会

 平成17(2005)年、湯沢市、稲川町、雄勝町、皆瀬村の1市2町1村の合併により新しい「湯沢市」が誕生しました。これをきっかけに、各地に自治組織が生まれ、秋ノ宮地域では29の町内会による「秋ノ宮地域づくり協議会」が発足し...

地域活動

地域団体

目覚めの清水

 湯沢市秋ノ宮地域を流れる役内川と薄久内川が合流する地点、国道108号沿いのT字路そばに「目覚めの清水(しず)」と呼ばれる湧水があります。  冷たく引き締まった水が、人々の眠気や疲れを取り払ってくれることから名付け...

自然・施設

湧き水

川原の湯っこ(ゆっこ)

 湯沢市の秋の宮温泉郷の外れにある役内川の川原には、スコップで掘ると温泉が湧き出る場所があり、「川原の湯っこ」と呼ばれて親しまれています。 昔は農作業を終えた農民やマタギが、疲れを癒やすために利用していた、知る人...

自然・施設

その他