本文へスキップ

地域について

地域のあらましと歴史

 馬場目杉沢地域は、五城目町を東西に流れる馬場目(ばばめ)川の上流域に沿って点在する恋地(こいぢ)、坊井地(ぼいぢ)、杉沢(すぎさわ)、合地(ごうち)の4集落で構成されています。太平山県立自然公園の一角に位置し、馬場目岳を源流とする馬場目川の上流域は、豊かな自然や森林資源に恵まれ、秋田スギや木炭の一大生産地として、藩政時代から昭和40年代まで大いに栄えました。
 その後、林業の衰退と共に人口も減少、地域のシンボルである杉沢小中学校も2005年に児童数減少により廃校となり、住民は大きな心のよりどころを失いました。
 小中学校廃校をきっかけに、2006年、地域住民は村おこしグループ「清流の会」(会員63名)を結成しました。
 清流の会は、馬場目川上流の「ネコバリ岩」の保全、行者ニンニクやゼンマイなどの特産品化などのほか、宿泊施設「盆城庵」や、2010年4月オープンの農家レストランなど都市農村交流にもがんばっています。こうした取組が評価され、2008年には県農山村活力向上モデル地域に指定されています。
 茅葺き民家が点在し、棚田をぬうように曲がりくねった道が続くノスタルジックな景観は、2008年、映画「釣りキチ三平」のロケ地となり、民家の一つは「三平の家」として撮影が行われました。ロケ地効果もあり、馬場目杉沢地域は日本の原風景を求める多くの観光客でにぎわっています。


※人口・世帯数は平成26年12月31日現在のものです。