画像:自然薯とろろ飯

 天然の「自然薯(じねんじょ)」は、古来から精の付く食べ物、「山薬(さんやく)」と呼ばれる漢方薬として珍重されてきました。
 写真は五城目町杉沢地域の近辺の山に生息していた自然薯を使用したとろろ飯。すり鉢ですると、ヤマイモよりも強い粘り気とコシが出てきます。それに味噌やダシ汁を加え、アツアツのご飯に豪快にかければ、自然薯とろろ飯の完成。刻みネギの香りと爽やかな風味で、味自体もあっさりした風味を楽しめます。

平成22(2010)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

森林鉄道の歴史

 五城目町杉沢地域は、江戸時代から秋田スギや木炭の一大生産地でした。昭和11(1936)年に秋田市仁別と五城目町の北ノ又を結ぶ森林鉄道がつながり、昭和16年には森林軌道北ノ又・杉沢線が開通。昭和46(1971)年に森林鉄道が...

歴史

地域の歴史

古民家の宿泊施設「盆城庵」

古民家で田舎暮らし体験をどうぞ  五城目町杉沢地域には、茅葺き民家や棚田、曲がりくねったあぜ道など、日本の原風景と言える景観が数多く残されています。こうした景観を形作っている建物のひとつに「盆城庵」があります。...

自然・施設

体験施設

農家レストラン「清流の森」

 五城目町杉沢地域の「蛇喰(じゃばみ)」地区にある農家レストラン「清流の森」は、平成22(2010)年4月から営業をスタートしました。 旧杉沢小中学校の北ノ又冬季分校の建物を改修したもので、昔懐かしい雰囲気の中、地元で...

農家レストラン