画像:目覚めの清水

 湯沢市秋ノ宮地域を流れる役内川と薄久内川が合流する地点、国道108号沿いのT字路そばに「目覚めの清水(しず)」と呼ばれる湧水があります。

 冷たく引き締まった水が、人々の眠気や疲れを取り払ってくれることから名付けられました。はるか昔の応仁(1467年~1469年)の頃から、霊山「神室山」に続く神室道中や、有屋峠を越える修験者や旅人の力添えの水として親しまれたと伝えられています。

 現在は五叉路公園として整備され、「清水を飲み、清新な気持ちで旅を無事に続けてほしい」と、交通安全の竜神社が建立されています。地域内外の人々が水を汲みに訪れる人気スポットです。

令和2(2020)年3月掲載

 ■参考文献
『秋ノ宮の今とむかし』
『現地看板』

■所在地:〒019-0321湯沢市秋ノ宮  →秋ノ宮地域イラストマップ
(国道108号に架かる川井橋の脇、五叉路公園内)

 

こちらの記事もおすすめです

秋ノ宮地域づくり協議会

 平成17(2005)年、湯沢市、稲川町、雄勝町、皆瀬村の1市2町1村の合併により新しい「湯沢市」が誕生しました。これをきっかけに、各地に自治組織が生まれ、秋ノ宮地域では29の町内会による「秋ノ宮地域づくり協議会」が発足し...

地域活動

地域団体

初代「川井橋」

 湯沢市秋ノ宮地域には、昭和初期に作られた初代「川井橋(かわいばし)」の橋桁の一部が保管されています。 川井橋は、昭和9(1934)年から平成4(1992)年まで、国道108号線に架かっていました。全国的にも珍しい「フィーレ...

歴史

その他

唐戸石(からといし)

 湯沢市秋ノ宮地域の旧中山小学校跡地では「唐戸石」を見ることができます。 江戸時代後期、中山集落で起きた地すべりによって役内川が堰き止められ、上流の集落は土砂によるダム湖(堰き止め湖)になったと言われています。現...

歴史

史跡