画像:日本海と鳥海山のビューポイント

 日本海に面した下荒屋地域は、風光明媚な景色を堪能できるビューポイントがいくつもあります。下荒屋会館からは秀峰・鳥海山を間近に望むことができ、特にオススメなのが地域の西側に位置する象潟漁港からの眺めです。象潟漁港から南東をのぞめば、右手には日本海に浮かぶ漁船、目の前には松林と雄大な鳥海山が一望できます。
 
 また、下荒屋地域の北西に位置する大澗海水浴場(象潟海岸)は、8月上旬に開催される「キャンドルコンサート海ほたる・かがり火in 大澗(主催:象潟地区地域振興協議会)」や、8月16日に開催される花火大会(日本海花火フェスティバルinにかほ)の会場となってとり、当日は大いに盛り上がります。象潟海岸は江戸時代の俳人・松尾芭蕉が訪れた最北の地で、日本海に落ちる夕日と砂浜・小磯・松林と調和の取れた海岸線が美しく、日本の渚・夕日百選の一つにも選ばれています。

■参考文献 
『大澗海水浴場 現地説明看板』 
平成28(2016)年3月掲載
 
 

こちらの記事もおすすめです

船絵馬

 船絵馬とは航海の安全や豊漁を祈願して社殿に奉納した絵馬のことです。本来は神の乗り物「生き馬」を寄進するのですが、高価な馬を用意するのは難しく、代わりに馬の絵を奉納したのが始まりと考えられています。  明治の中頃...

歴史

文化

ワカメ収穫体験

 毎年3月中旬、下荒屋地域で住民を対象にワカメの収穫体験を行っています。海に接した地域ならではの体験を子供たちに経験してもらいたいと始めたイベントで、元は下荒屋町内会の子供育成部が始めた行事でした。現在は青年部OB...

伝統行事・イベント

地域活動

伝統行事

イベント

初午(はつうま)の子供獅子舞

 「初午」とは、京都・伏見稲荷神社の神が降りたと言われる2月最初の「午(うま)」の日のことです。この日は全国の稲荷神社で様々な形でお祭りが行われており、にかほ市象潟地区の各町内では、小中学生の男子による獅子舞が奉...

伝統行事・イベント

郷土芸能