画像:赤田大滝

 由利本荘市赤田地域を通る県道69号線から「東光山」の看板を目印に左に折れ、山道をしばらく進むと、小さな駐車場があります。

 車を降りるとすぐに聞こえてくる滝音、山肌につけられた遊歩道をゆっくりと降りると見えてくるのが「赤田大滝」です。
高さは23m、滝の近くまで行くことが出来るので、轟々と流れる滝、その迫力を堪能することが出来ます。対岸へ渡って水しぶきを浴びるほどに近づくと、マイナスイオンたっぷりの空気を思い切り吸い込むことが出来ます。

 一本の滝のようですが、上部が二つに分かれており、大きな方を「男滝」小さい流れを「女滝」と呼んでいます。
滝壺付近は公園としてきれいに整備されており、マイナスイオンを浴びるにはぴったりの場所です。駐車場にはトイレも整備されており、ちょっと喧噪から離れたいときにはぴったりです。

平成23(2011)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

赤田の大仏

   由利本荘市赤田地域にある長谷寺(ちょうこくじ)は、曹洞宗の寺院で、秋田県三十三観音霊場第8番札所です。この寺に安置されている高さ9m、木製金箔押しの十一面観音立像は通称「赤田の大仏」として親しまれています。また...

歴史

神社・寺

六ヶ村堤

 江戸時代から続く地域の水がめ  由利本荘市赤田地域の神明社からさらに山の方へと向かうと、すぐに大きな堤が見えてきます。これが「六ヶ村堤」と呼ばれる地域の水がめです。  江戸時代中期、宝暦年間(1751年~1763年...

歴史

ビューポイント

東光館(とうこうかん)

 由利本荘市「赤田の大仏」がある長谷寺(ちょうこくじ)向いには、赤田地域の拠点施設「東光館」があります。 東光館は「五峰苑(ごほうえん)」と呼ばれる苑内に設置されており、五峰苑では、東光館の他、バラ園、菖蒲園、美術...

自然・施設

体験施設