画像:べっとうじゃ(別当沢)の湯っこ

 三種町・内鯉川地域には「べっとうじゃの湯っこ」と呼ばれてきた冷泉があります。「別当沢(べっとうざわ)」という沢の側に湧いていたことからこの名がつきました。昔から住民が自宅のお風呂に利用するなど、生活の場に使用されてきた冷泉ですが、運搬に不便な田んぼの中に湧いていたことから、内鯉川自治会は、塩化ビニル管で引き込みを行い、町道脇で貯水できるように整備しました。PH9.9の高アルカリ性でお風呂ですが入浴に使用しても問題ありません。内鯉川自治会は、地域の宝として今後の活用方法を検討しています。
平成29(2017)年3月掲載

こちらの記事もおすすめです

内鯉川の盆踊り

 8月13日と14日の2日間、三種町・内鯉川地域では、住民を対象に盆踊りが開催されています。60年以上続く地域の伝統行事で、盆踊りは日が暮れた18時30分頃にスタート。縦85cm、横120cmの絵灯籠が何個も道路端に設置され、浴衣や...

伝統行事・イベント

郷土芸能

共助の取組、自主防災訓練

 三種町・内鯉川地域は平成26年(2014年)に自主防災組織を設立しました。近年、全国各地で起きる自然災害の被害から、自治会役員の間でも危機意識が高まり、「地域のことは地域で守ろう」と、毎年10~11月に住民を対象に防災...

地域活動

自主防災

グリーン興地会の美化活動

 三種町の内鯉川自治会では、6月下旬から7月上旬にかけて、地域の子供を対象にホタル鑑賞会を開催しています。ホタルが少なくなった時期もありましたが、農薬の使用を減少させたことで、近年、ホタルの数が少しずつ増えてきま...

地域活動

環境整備