本文へスキップ

名物に触れる

明治天皇立寄りの岩清水「竜泉(りゅうせん)」

画像:明治天皇立寄りの岩清水「竜泉(りゅうせん)」

  

前山地域に入って間もなく、屋根のかかった泉があります。前山地域には水質の良い泉が多くありましたが、中でもこの「竜泉」は格別で、昔は水桶をてんびんで担いで汲みに来たということです。
明治14年(1881年)に明治天皇が前山地域を巡幸した際にこの清水を差し上げたことから「御膳水」とも呼ばれています。
すぐ側に記念の石碑があり「大君にささげまつりし岩清水 萬代までも濁らざらなん」と詠んだ和歌が刻まれています。
現在も大切な水資源として、前山地域をうるおしています。
 
2015年3月31日掲載
 
■参考文献
『秋田の湧き水』 泉祐一
『秋北新聞』 平成9年(1997年)10月16日
 

ページ上部へ戻る