本文へスキップ

名物に触れる

兜山

画像:兜山

-峻厳な岩の造形- 

 「かぶと岩」とも呼ばれていますが、若畑集落の側からみると名前のような荒々しい感じはしません。

 広葉樹や林道沿いには杉が植林されたごくごく普通の山……なのですが、兜山の裏側、「秋田いこいの村」の方から眺めると、岩壁の峻険さに驚かされます。この岩の連なりを、地元の人たちは「かぶと岩」と呼んできました。
 
 絶壁が見える場所は意外に限られていますが、川原毛地獄から秋の宮に抜ける途中、兜山と奥宮山を一度に見ることのできるポイントがあります。ここから見ると、若畑の集落が兜山と奥宮山に包まれているように見えます。

奥宮山には別名があり、「鎧山」と呼ばれています。兜山と合わせて、若畑の地名の由来(若旗=陣を構えて旗を立てた)との関係を思うとき、興味深い名前となっています。
 
 兜と鎧に守られた集落が、若畑なのです。
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る