本文へスキップ

名物に触れる

ビオトープ公園

画像:ビオトープ公園

 

 

 余目地域の住民が提案し、大仙市が合併後最初の協働事業として「ビオトープ公園」は整備されました。

「ビオトープ」という名前はギリシャ語の「Bios(生き物)」と「To Pos(場所)」を組み合わせて作られたドイツ語「Bio Topos」より、「自然の状態で多様な動植物が生息する環境空間」を意味しています。

その名が示す通り、広さ3、232㎡の敷地内には多種多様な動植物が生息しています。公園は、車イスの使用を考慮したエコロードが整備され、バリアフリーな造りになっているので、どなたでも花々や小さな生き物たちの生態を間近で観察し、学ぶことができます。 

また、公園隣にはポニーが2頭飼育され、子どもたちがよく遊びに来ています。ポニーのオーナー、加藤勲さんは「子どもたちが楽しみながら学習できる環境を整えたい」とお話しされます。

地域住民のみならず、たくさんの方々に愛されるよう、余目の住民のみなさんが協力し合って公園の手入れや希少動植物の保護に努めています。「ビオトープ公園」に是非一度足を運んでみて下さい。
2010年8月掲載

ページ上部へ戻る