本文へスキップ

歴史を知る

向達子番楽(むかいたつこばんがく)

画像:向達子番楽(むかいたつこばんがく)

  「向達子番楽」は、三種町下岩川地域の向達子集落に伝承される番楽のひとつです。正式には向達子番才楽といいます。

 旧盆の行事で、現在は、8月13日の夕方、神前奉納を行い、先祖供養とともに豊作祈願として行われています。

 太平洋戦争までは若勢組が継承してきましたが、終戦後は向達子番楽保存会を組織し、後継者育成に努め、現在に至っています。

下岩川地域では、平成26(2014)年から、地域全体の大盆踊り大会を開催しており、この場で向達子番楽も披露しています。

令和3(2021)年1月掲載
 
■参考文献
山本町史編さん委員会/編『山本町史』 

【関連リンク】産地直送ブログ
三種町下岩川地域で「大盆踊り大会」!(2018年掲載)

ページ上部へ戻る

山本の関連情報