にかほ市の小砂川地域では、年に2回(1月と5月)、大人が巡行する御頭(おかしら)様の行事があります。小砂川地域では、獅子のことを「御頭様」と呼びます。

 5月の第3日曜日は、小砂川の氏神様・八幡神社のお祭りで、この日に地域の安泰を願い、御頭巡行が行われます。朝早くから200世帯以上ある小砂川地域の家々を回ります。希望のあるお宅では家の中で獅子舞を奉納します。
 
 昼頃になると、八幡神社で、御頭(おかしら)様の獅子舞が奉納されます。お頭様の巡行は1日がかりですが、地域の大切な神事として受け継がれています。

令和3(2021)年1月掲載
  
【関連リンク】産地直送ブログ
伝統の獅子舞としめ縄作り(2018年12月掲載)
地域の安泰を願う御頭(おかしら)行事、八幡神社祭典(2018年5月掲載)

こちらの記事もおすすめです

史跡と日本海の展望「三崎公園」

 秋田と山形の県境に位置する三崎公園。  日本海に突き出た「観音崎」「大師崎」「不動崎」の3つの岬が名の由来となっています。公園一帯は「三崎山」とも呼ばれ、約3000年前の鳥海山噴火による溶岩で地形がつくられました。日...

自然・施設

ビューポイント

中世からの交通の要「三崎山旧街道」

 にかほ市・小砂川地域の三崎山(三崎公園一帯)には、15世紀以降、日本海側の唯一無二の街道として重要な役割を果たした「三崎山旧街道(秋田県指定史跡)」が通っています。三崎山には「地獄谷」「駒泣かせ」などの地名があり...

歴史

史跡

清水場の湧水「出壺(でつぼ)」

 にかほ市の旧象潟町には、鳥海山の伏流水を水源とする小河川が多く見られ、小砂川地域の東に位置する「清水場地区」の「出壺(でつぼ)」もその一つです。出壺と呼ばれる湧水地から地区内に水路を引いており、昔から飲料水など...

自然・施設

湧き水