本文へスキップ

地域について

男鹿市女川  人口:355 人 世帯数:202 世帯

  • 地域内外の人々が集まる男鹿キッチ漕ぎ大会
  • 旧暦の5月4日に行われる「菖蒲たたき」
  • 大晦日に行う伝統の「ナマハゲ」
  • 日本海に面した風光明媚な女川集落
  • 8月14日に開催される「男鹿キッチ漕ぎ大会」

北秋田市根子地域の記事

名物に触れる

名産を買う

風土を楽しむ

語りを聞く

地域のあらましと歴史

 男鹿市女川(おんながわ)地域は、男鹿半島の西部、秋田県道59号沿いに位置します。目前には日本海が広がり、地域内にある「鵜ノ崎海岸」は、男鹿半島・大潟ジオパークの観光スポットのひとつであり、日本の渚百選に選定されています。海の幸が豊富で、アオサ、ジバサなどの海藻類や、タルイカ、アワビなど、年中、海の幸を楽しめます。
 旧暦5月4日に行われる「女川の菖蒲たたき行事」は、菖蒲で作った「たたき棒」を持った男の子たちが家々を訪問し、たたき棒を地面に叩き付ける厄払い行事で、男鹿市無形民俗文化財に指定されています。
 大晦日は女川の青年会「二八(にっぱち)会」メンバーが中心となり「ナマハゲ」の練り歩きが行われ、新年の訪れを祝います。
 昔からの伝統行事の他にも、地域おこしイベント「男鹿キッチ漕ぎ大会」を平成21(2009)年から開催しています。アイヌ語で「キッチ」と呼ぶ小舟を漕ぐ、速さを競うイベントで、県外からも参加者が訪れるなど、海に根差した賑わいづくりが行われています。

※人口・世帯数は令和2(2020)年4月1日現在の男鹿市のデータです。

お知らせ

お知らせはありません。