画像:男鹿キッチ漕ぎ大会

 男鹿市女川(おんなかわ)地域では、青年会「二八(にっぱち)会」が主催する「男鹿キッチ漕ぎ大会」が、8月14日に開催されています。

「キッチ」とは、アイヌ語で一本の丸太を掘って作った小さい船のことで、女川では海藻やサザエを収穫する素潜り漁の際に使用されています。

かつては、子供の水遊びに使われていたキッチですが「子供だけでは危ない」と、40年近くにわたり禁止されていました。

その後、キッチ遊び経験がある二八会メンバーが「キッチで女川を盛り上げたい」と提案をしたところ、住民も賛同し「男鹿キッチ漕ぎ大会実行委員会」を立ち上げ、平成21(2009)年から始まりました。令和元(2019)年で10回目を迎え、県内外から参加者が女川に集まります。

力任せに漕ぐだけでは勝利をつかめない、奥深いキッチ漕ぎのレース。キッチ漕ぎを体験しに、ぜひ、女川地域へおいでください!


令和2(2020)年3月掲載

【お問い合せ】男鹿キッチ漕ぎ大会実行委員会
■開催日:8月14日
■会場:女川漁港(〒010-0523 男鹿市船川港女川鵜ノ崎)
■主催:男鹿キッチ漕ぎ大会実行委員会(二八会)
■ウェブサイト:男鹿キッチ漕ぎ大会公式ホームページ

【関連リンク】産地直送ブログ
「キッチ」で速さを競う!第10回男鹿キッチ漕ぎ大会!(2019年8月掲載)
 

こちらの記事もおすすめです

鵜ノ崎海岸

 男鹿市女川(おんなかわ)地域には「日本の渚百選」に選ばれている海岸、「鵜ノ崎海岸」があります。 広く浅い海岸なので子供たちが遊びやすく、夏にはキャンプを楽しむ家族連れやグループでにぎわいます。 鵜ノ崎海岸は、約1...

自然・施設

ビューポイント

女川のナマハゲ

 男鹿半島全域では、大晦日の夜に各集落の青年たちにより「ナマハゲ」の行事が行われます。  ナマハゲは「泣く子はいねが!」「言うこと聞がねと山につれてくぞ!」と、家々を練り歩きながら、子供たちの怠け心を戒め、無病...

伝統行事・イベント

伝統行事

男鹿の伝統食「エゴ」

 「エゴ」は海藻のエゴ草を使った男鹿を代表する伝統食です。 春先に海岸で採れるエゴ草を丁寧に洗って不純物を取り除き、ミキサーなどでとろとろになるまで溶かして水と一緒に煮込み、容器に流し込んで固めればエゴの出来上が...

郷土料理