本文へスキップ

地域について

藤里町粕毛  人口:496 人 世帯数:218 世帯

  • 地域で栽培したブラックベリーは「木苺ピューレ」に加工している
  • 「ふじさと粕毛まちづくり協議会」を立ち上げ取り組む民泊事業
  • 粕毛地区雪まつりで体験できるスノーモービル
  • 小学生と大学生の民泊体験
  • 9月の運動会は老若男女が集う交流の場

地域のあらましと歴史

 藤里町粕毛(かすげ)地域は、秋田県道317号西目屋二ツ井線沿いに、薄井沢、粕毛、真土の3集落でつくる地域です。
 地域の愛宕神社では6月23日と24日に祭典が行われており、その時期になると、県道沿いにたくさんのホタルが現れます。
 各集落で神社の祭典などを継承しているほか、「粕毛地区活動推進委員会」の主催で、七夕まつり、盆踊り、運動会、雪まつりなどの地域行事を開催しています。
 雪まつりでは、手打ちそばや、スノーモービル体験などが行われ、地域の拠点施設「粕毛交流センター」は多くの住民で賑わいます。手打ちそば体験で打つそばは、地域で栽培したそば粉を使用しており、「粕毛そば」と呼ばれています。
 7月には自治会で農村公園や農道の補修と草刈りを行っています。
 地域の老人クラブ、「粕毛第一第二共栄クラブ」では、フラワーロードなどの管理を行っており、平成28(2016)年、「全国老人クラブ連合会」により表彰されました。
 平成29(2017)年4月には「ふじさと粕毛まちづくり協議会」を設立し、同年11月には民泊事業がスタートしました。令和3(2021)年3月現在、地域内6軒の家が農家民宿として民拍の受け入れを行っています。また、粕毛交流センター内に予約制の農家レストラン「南白神の里」を開設するなど、活発な活動が行われています。

※人口・世帯数は令和3(2021)年4月1日現在の藤里町のデータです。

お知らせ

お知らせはありません。