画像:戸波公園(長楽園)と城址

  横手市戸波(となみ)地域に入ってすぐ、家々を数件挟んだ向こうにちょっとした台地が見えてきます。この台地の上が「上村(うえむら)」と呼ばれていますが、この上村の入り口に向かって左側にある小公園が「戸波公園」です。 

  「長楽園」とも呼ばれる公園は普段は子どもたちの遊び場、地域の皆さんの憩いの場として活用されています。毎年5月4日に行われる戸波神社祭典の宵宮では、ステージが作られて屋台ができ、お祭りの会場として賑わいを見せます。
 
 また、川を挟んで崖がそそり立つ地形は防御にも適しており、中世には戸波城として豪族が住んだと考えられています。諸説ありますが戸波氏が居城したと伝わり、石碑が建つ土盛りの部分は当時の土塁(どるい)跡かも知れないと言われています。
 
平成25(2013)年6月掲載

こちらの記事もおすすめです

清水(しず)の里「戸波」

  山と川に囲まれた横手市戸波(となみ)地域にはたくさんの清水(しず)が湧き出しており、それぞれ名前が付けられて大事にされてきました。  地域の台地上に位置する上村(うえむら)の鳥屋森(とやもり)の麓には、山の神...

自然・施設

湧き水

戸波ケラ(祝いケラ)

 「ケラ」は「毛羅」とも書き、「蓑(みの)」のことです。ワラや海草など植物性の原料を使って作られる作業着で、今で言う雨合羽であり、重い物を背負う時の背当ての役目も果たします。  横手市戸波(となみ)地域の「ケラ...

歴史

文化

吉野の種まき桜

 横手市戸波(となみ)地域の戸波神社へと続く道の途中、鹿島様の近くに大きな木があります。旧増田町の名木にも指定(1995年11月)されている「吉野の種まき桜」です。    文化7年(1810年)、戸波地域の鶴松という人物が...

自然・施設

ビューポイント