画像:茶立ての清水直売所とお花畑

 仙北市田沢地域を通る国道341号線沿い、茶立ての清水向かいの広い駐車場内に「茶立ての清水直売所」があります。

 以前は田沢地域に直売所はありませんでした。田沢地域と生保内地域の農家有志で資金を出し合い、旧田沢湖町の支援を得て平成9(1997)年8月、住民による手作りの「茶立ての清水直売所」がオープンしました。

 野菜や山菜など、商品はほとんどが住民の手作りのもの。オススメ商品は、種類豊富な新鮮山菜!採れたての山菜はみずみずしく、お手頃な価格で販売されています。秋田県内外の買い物客が訪れる人気の直売所になっています。

 また、直売所の裏手には、地元の田沢地域運営体「荷葉」による「花と果実の里づくり事業」の花畑が広がっています。

 季節の恵みと、茶立ての清水、そしてお花畑が広がる「茶立ての清水直売所」。旅の途中の休憩所に、また、新鮮な山の幸や、地元の手作りの味に会いに、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
平成24(2012)年2月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
仙北市の田沢地域運営体「荷葉」の取組みについて!(2020年8月掲載)

こちらの記事もおすすめです

田沢地域運営体「荷葉」

 仙北市の「地域運営体」とは、地域の自主的、主体的な活動を市が支援している地域団体です。各地域にサポートセンターを設置し、直接仙北市の職員が住民の要望を聞き、その自主的な活動を支援しています。  田沢地域では「...

地域活動

地域団体

NPOたざわ村

   仙北市の田沢地域で活動するNPOたざわ村は、平成15(2003)年度の旧田沢小学校と中学校の閉校に危機感を感じた住民により平成18(2006)年9月に設立されました。運動会、歳末たすけあい演芸会や村民文化祭の運営に携わるなど、田沢...

地域活動

千葉家家伝林

秋田杉の伝統を伝える巨木の森   仙北市の旧田沢中学校の裏手に「千葉家家伝林」と書かれた看板があります。ここは秋田県内でも数少ない江戸時代の植林を今に伝える貴重な林です。  江戸時代、千葉家の二代目当主、千葉重蔵...

歴史

文化