美しい花々が咲き誇る大仙市小神成(こがなり)地域。地域の自慢は美しい花だんだけではありません。地域には2つのビオトープ公園があります。その一つ、ネムノキがシンボルである「根笹(ねざさ)公園」は、農業農村の良さ、伝統文化を継承していくための活動場所として整備され、地域行事やホタルなどの自然観察の場として利用されています。もう一つの「北野公園」では、キジバトやヒヨドリなど普段私たちがじっくり見ることのできない野鳥の姿を観察することができます。
 

平成24(2012)年5月掲載

こちらの記事もおすすめです

小神成の歴史~検地と古地図~

  「小神成(こがなり)」地域からすぐ斉内川をはさんで旧中仙町には「大神成(おおかんなり)」地域があります。この2つの地域は、その名前の通り深い関係がありました。大神成から分家していったのが「小神成」なんだ、と地元の方...

歴史

地域の歴史

グラウンドゴルフ大会と花見会

  春や夏になると花でいっぱいに彩られる小神成(こがなり)地域では、9月の稲刈り前に、太田東小学校のグラウンドでグラウンドゴルフ大会が行われます。平成13年(2001年)までは地域の運動会でしたが、翌年からグラウンドゴル...

地域活動

世代間交流

画聖「鈴木空如(くうにょ)」

 世界文化遺産である法隆寺にある「法隆寺金堂壁画模写」で世に知られる鈴木空如は、明治6年(1873年)、現在の大仙市太田町小神成(こがなり)地域で生まれました。一生を清貧に過ごし清廉潔白な人物として有名で、その生き方と...

歴史

地域の偉人