画像:清流の会 会長 金澤幸則さん

-世代と世代を結ぶ橋渡し役-

 「勝巳さん、あれいつのことだっけ?」「7月28日!」「よく出てくるなぁ~」。地域おこしグループ「清流の会」事務局長の石川勝巳さんと語らうのは、2代目会長を務める金澤幸則さん。杉沢交流センター友愛館(旧杉沢小中学校)で会合を開く清流の会には、いつもアットホームな雰囲気が漂います。
 
 金澤さんは大仙市出身の48歳。結婚を機に五城目町に移り住みました。先代から会長職を引き継いだ当時を「みんなにいじめられて会長になったんですよ~」と冗談を交えながら話してくれました。
 
 清流の会が掲げる地域活性化のテーマの一つに「次世代のために何を残し、何をすべきか」があります。「じいさんたちの想いをしっかり受け取り、具体的なカタチにして次の世代に残す、その橋渡し役が私の役目ですね」と語りながら「そういう微妙な年齢なんですよ(笑)」とユーモアを交えることを忘れません。
 
 活動している時が一番手ごたえを感じると言います。「何かしようとすると、必ずみんなが集まってくれます。歳をとっても地域を想う気持ちをみんなが持っているんです」。今、地域に一番重要なことは『実行』すること。「恋地ときめき農園での試験栽培とおやきの特産品化を成功させ、地域の収益につなげる実行力が必要なんです」と話します。
 
 昭和36年には439人いた杉沢地域の人口は現在94人、あせりがないわけではありません。「昔と今では状況が違います。少子化で人口が減るのは食い止められなくとも、世帯数が減るのは食い止めたい。それが私達の課題です」。
「地域に根ざして、一生懸命頑張りたい」と話していました。
 
平成22(2010)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

五城目町の「おやき」

 「おやき」は、昔から五城目町では祝い事や暮らしの「おやつ」として食べられてきました。写真は五城目町の馬場目杉沢地域でおやつ用に作ったもので、地場産のもち米と食材(カボチャ、紫イモ、ソバ、ヨモギなど)を練りあわせ...

買う

米菓子・餅

直売所

朝市

農家レストラン「清流の森」

 五城目町杉沢地域の「蛇喰(じゃばみ)」地区にある農家レストラン「清流の森」は、平成22(2010)年4月から営業をスタートしました。 旧杉沢小中学校の北ノ又冬季分校の建物を改修したもので、昔懐かしい雰囲気の中、地元で...

農家レストラン

森林鉄道の歴史

 五城目町杉沢地域は、江戸時代から秋田スギや木炭の一大生産地でした。昭和11(1936)年に秋田市仁別と五城目町の北ノ又を結ぶ森林鉄道がつながり、昭和16年には森林軌道北ノ又・杉沢線が開通。昭和46(1971)年に森林鉄道が...

歴史

地域の歴史