画像:羽立ささら

 

 能代市・檜山地域の羽立(はだち)集落で継承している「羽立ささら」は「羽立ささら保存会」によって毎年8月13日に披露されています。
 慶長15年(1610年)に檜山城の城代として多賀谷氏が檜山入りした際に羽立ささらが献上され、その時に多賀谷氏から定紋入りの旗を賜ったとされています。
 羽立ささらの起源についてはっきりとした記録は残されていませんが、安政5年(1858年)に多賀谷氏の家臣である石川官太夫が、当時の「母体(もたい)村」の肝煎りに充てて書いた羽立ささらについての覚書が残されていることから、安政年間、またはそれ以前からささらが存在していたことがわかります。
 羽立ささらの中には奴踊りや棒術、獅子ささらなどの演目があり、羽立集落で大切に継承されている民俗芸能です。
 
平成29(2017)年3月掲載

こちらの記事もおすすめです

檜山舞

   能代市・檜山地域に古くから伝わる「檜山舞(ひやままい)」は地域の上母体(かみもたい)集落で継承してきた秋田県指定無形民俗文化財で、「母体番楽(もたいばんがく)」とも呼ばれています。  檜山舞は母体八幡神社の...

伝統行事・イベント

郷土芸能

北限のお茶「檜山茶」

 能代市・檜山地域では古くから「檜山茶」の栽培が行われており、製茶を行っている地域としては北限と言われています。檜山茶の起源は江戸時代中期まで遡ります。 檜山地域に城館を構え、能代山本地方を治めていた多賀谷氏の6...

買う

その他

その他

檜山追分旧羽州街道松並木

 能代市檜山地域の追分集落を通る県道4号沿いに、江戸時代に整備された「羽州街道」の面影を残す松並木があります。羽州街道は当時の主要な幹線道の一つで、江戸からの距離の目安となるよう、一里(約4km)ごとに「一里塚」と...

自然・施設

歴史

花・樹木

史跡