画像:小猿部川(おさるべがわ)

 七日市地域の北から南東にかけて流れる小猿部川は、県道111号に沿うように地域内を蛇行して流れています。季節に応じてアユ、イワナ、ヤマメ、ニジマス、コイ、フナ、ウグイが釣れ、県外からも釣りの愛好家が訪れる人気スポットです。地元では子供たちに昔ながらの漁を体験してもらうイベントも行っています。
 小猿部川の両側は切り立った崖のようになっており、新緑や紅葉の季節は移り変わる山々の色彩とともに、その渓谷美を楽しめます。オススメは与助岱(よすけだい)集落から明利又(あかりまた)集落へ続く県道111号沿い。県道の数カ所に掛けられた橋の上からは、小猿部川のせせらぎと一緒に雄大な七日市地域の景色を楽しむことができます。
平成27(2015)年3月掲載
 

こちらの記事もおすすめです

伝 明利又城跡と浅利氏墓石群

 七日市地域には、室町時代この地域を支配したと言われる浅利一族にまつわる史跡が残されています。七日市地域の松沢集落から明利又(あかりまた)集落に向かって県道111号を進むと、道路右側に「明利又城跡と浅利氏墓碑群」の...

歴史

史跡

葛黒の火祭りかまくら

 「葛黒の火祭りかまくら」は2月中旬、北秋田市・七日市地域の葛黒集落で行われる小正月行事で、約250年前、江戸時代の宝暦年間(1751年~1763年)から始まったと言い伝えられています。  山から切り出した若木(栗、ナラ)...

伝統行事・イベント

郷土芸能

岩脇のブナ

 七日市地域の七日市公民館の南に位置する岩脇集落。集落の南側には岩が露出する山があり、集落の名前の由来となったと言われています。  岩脇集落には「旧阿仁街道のブナ」と呼ばれる巨大なブナの樹があります。幹の直径は1...

自然・施設

花・樹木