本文へスキップ

ブンカDEゲンキ あきた文化情報サイト

文字サイズ
縮小
標準
拡大

【アーツアーツサポートプログラム vol.2】 工藤隆太郎写真展「遠路」

※このイベントは既に終了しました。

お気に入りイベントに登録

パンフ

 

 

事業名 アーツアーツサポートプログラムvol.2      工藤隆太郎写真展「遠路」
日 時 12月18日~12月22日
場 所 アトリオン美術展示ホール

〒010-0001秋田市中通2-3-8

      
入場料 無料
問合せ 018-860-1530

 

はがき

「遠路」

2011年から東京と郷里を往復し、撮影を続けています。祖父母を撮ることから始まった撮影はやがて秋田県北部までに広がり、いつのまにか8年近くが経過していました。祖父母の元を訪れることは自身のルーツを辿り、彼らのことを理解したいという気持ちの表れだったのかもしれません。しかしそれと同時に郷里としてではないもう一つの場所(世界)を目指しているのではないかと考えるようになりました。

当初は予感や直感のようなものでしたが、一枚の写真がまた次のイメージを連れてきてくれるように、撮影を続けていくとおぼろげだった世界が徐々に輪郭を帯び始めました。印画紙の中に定着した時間はつながり新たな世界を提示してくれたのです。例えば誰も気に留めない農機具庫の窓際でのことです。見栄えのしない、綺麗なものではないその場所は誰からも忘れられることを望んでいるかのようにひっそりと佇んでいました。小屋のシャッターを開け、埃の舞うなかを進んでいくと、雪囲いの板の隙間からほんの少しだけ光が差し込む時間が訪れます。そんな瞬間に出会うために、私は歩き、目を凝らし、耳を澄ましているのです。

秋田に還るためではなく、もう一度秋田から始めるために。
故郷を私自身の原点として、目の前に続いていく長い道のりの果てに何が待っているのかまだ見当がつきません。しかし歩き続けるなかでしか答えを探す術はないと感じています。

工藤隆太郎

 

★モノクロ写真が醸し出す郷愁の念を超えて、アーティストの8年間の撮影を通した心の変化や決意が感じられる写真展です。ご期待ください。 
 

2019年12月18日(水)~12月22日(日)
会場 アトリオン2階美術展示ホール(秋田市中通2‑3‑8)
時間 10時~17時 ※初日は15時より

ギャラリートーク12月21日(土)14時より
工藤隆太郎写真展「遠路」について
アーティストとキュレーターがトークします

話し手・工藤隆太郎     

聞き手・田口春佳  深井富美子 
予約不要 当日会場にお集まりください
 

観覧無料
主催 秋田県観光文化スポーツ部文化振興課
協力 (一社)秋田県芸術文化協会
お問い合わせ  018-060-1530

 

 ※アーツアーツサポートプログラムは、秋田県と(一社)秋田県芸術文化協会が協働し、様々なジャンルの芸術文化活動を支援するものです。今年度もアトリオン(秋田総合生活文化会館・美術館)等を活用し、県内を拠点に活動しているアーティストの発表の場として実施します。

 

 

開催地 秋田市
ジャンル 美術 

前のページへ戻る