本文へスキップ

地域について

地域のあらましと歴史

 白岩地域は、みちのくの小京都角館の中心部から車で東に15分ほど、玉川の東岸、奥羽山脈のふもとに位置する農村地帯です。
 地域の中心部である白岩前郷集落は、奥羽山脈沿いに仙北平野を南北に縦断する「白岩街道」に沿って町並みが発達しています。
 南北朝から戦国期にかけて白岩の地を苗字とする「白岩氏」の城下町として栄え、山城址(戦国期の城址)や平城(江戸初期の城館址)を始め、宝徳2年(1450)建立の雲厳寺(うんがんじ)、県重要無形民俗文化財の白岩ささらなど、豊かな歴史にいろどられています。
 また、白岩地域は、江戸から明治中期にかけて繁栄した白岩焼の産地としても知られ、明和8年(1771)に開かれた窯跡や、陶土の採掘跡地の上ノ台堤など、歩いて回れる見どころも豊富です。
 背後に迫る奥羽山脈はこのあたりでは真昼山地とも呼ばれ、和賀岳(1440m)や白岩岳(1177m)など千メートルを超す山々が連なっています。伐採や植林などが行われていない手つかずの原生地域の面積は約1万5千ヘクタールにも及び、日本最大のブナなどが息づく巨木の森としても知られています。
 白岩地域では、停滞する地域の現状打破を目的に、2002年から住民有志のグループ「白岩村おこし~プロジェクトS~」が地域おこし活動に取り組んでいます。中世と近世の城址を会場に開催する光のページェント「白岩城址燈火祭」や、幻の山菜「ひでこ」の栽培、豊かな歴史資源を活かした歴史ツーリズムの推進など住民が一体となった取組みが高く評価され、2009年には秋田県農山村活力向上モデル地域に指定されています。


※人口・世帯数は平成29年3月1日現在のものです。

お知らせ