画像:上ノ台堤

 江戸中期から明治中期にかけて130年にわたって生産され、秋田県を代表する焼き物として知られる「白岩焼」。材料となる良質な陶土が豊富だったことで、仙北市白岩(しらいわ)地域は焼き物の一大産地として大いに栄えました。

 上ノ台と呼ばれる場所では、白岩焼の職人たちが土を採取し続けるうちにいつの間にか大きな穴がうがたれ、現在では水がたまって周囲300メートルほどのため池「上ノ台堤」へと姿を変えました。春には桜、秋には紅葉と、池の周囲の木々は人々の目を楽しませています。

平成22(2010)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

白岩の歴史

 古い武家屋敷が立ち並ぶ「みちのくの小京都」こと仙北市の角館。そこから車で15分の場所に、角館より古いといわれる城下町の歴史を残す仙北市白岩(しらいわ)地域があります。  「此白岩もいといと古き処也」と白岩の名を記...

歴史

地域の歴史

直売所「未知の駅 白岩夢畑」

 仙北市角館の白岩(しらいわ)地域から、横手市中心部へと続く「みずほの里ロード」沿い、中世の山城址「館山(たてやま)」の向かいに小さな直売所「未知(みち)の駅 白岩夢畑」があります。  正面の看板には秋田公立美...

買う

直売所

雲厳寺(うんがんじ)

白岩の歴史と文化を代表する古刹  中世、現在の仙北郡一帯を統治した戸沢氏の配下・白岩盛基によって創建された雲巖寺は、みちのくの小京都・角館とは異なる武家の空気を感じられる寺院です。境内には重要な造形物が数多く残...

歴史

神社・寺