画像:館山(たてやま)

中世の歴史が残る山城址

 仙北市白岩(しらいわ)地域には、中世にこの地を治めた豪族・白岩氏の山城跡「館山(標高220m)」があり、仙北市の史跡に指定されています。白岩地域を通る県道50号から、横手方面に「みずほの里ろーど」を進むと、すぐの場所にあり、道路添いに駐車スペースもあります。

歴史に彩られた館山は、2月上旬、地域おこしイベント「白岩城址燈火祭」の会場となり、炎で形作られた聖獣・麒麟がその雄姿を浮かび上がらせて、観客たちを感動の空間へと誘います。住民有志でつくる「プロジェクトS」では、城址の説明看板の設置や参道の草刈りを行い、館山を観光資源に活かせるような活動をしています。
 
平成22(2010)年4月掲載

 

こちらの記事もおすすめです

雲厳寺(うんがんじ)

白岩の歴史と文化を代表する古刹  中世、現在の仙北郡一帯を統治した戸沢氏の配下・白岩盛基によって創建された雲巖寺は、みちのくの小京都・角館とは異なる武家の空気を感じられる寺院です。境内には重要な造形物が数多く残...

歴史

神社・寺

白岩ささら

 白岩ささらは、仙北市白岩(しらいわ)地域に400年伝わる郷土芸能で、秋田県の無形民俗文化財に指定されています。お盆期間に白岩神明社や雲厳寺などで奉納され、3頭の獅子とザッザカと呼ばれる道化役がリズミカルな舞を披露...

伝統行事・イベント

伝統行事

夏のきのこ「トンビマイタケ」

真夏の贅沢、夏限定の貴重なトンビマイタケ  仙北市白岩(しらいわ)地域で「トンビ」「トビタケ」とも呼ばれる「トンビマイタケ」は、秋の舞茸(まいたけ)とは違い、夏に収穫する色が白いキノコです。その味と香りは一度食...

買う

山菜・きのこ

直売所