本文へスキップ

歴史を知る

根子番楽

画像:根子番楽

 -隠れ里に伝わる勇壮な武士舞-

 夜7時、静まり返った北秋田市の根子地域の根子児童館から勇壮なお囃子の音が聞こえてきます。毎週水曜日、児童館では国の重要無形民俗文化財に指定される『根子番楽』の練習が、番楽保存会によって行われています。

根子番楽の練習風景 
 
 毎年8月14日に根子地域で披露される根子番楽は、民俗学者・折口信夫が「非常に優れた歌詩と内容」と紹介されたことで知名度が上昇し、地元以外でもNHKホール、冬季札幌オリンピック、日比谷公会堂など、様々な場所で上演されてきました。
 源氏の遺臣、または平家の落人が伝えたと言われていますが、根子番楽の流れをくむと言われる番楽は秋田県内の各地に多く伝わり、秋田のさまざまな芸能に影響を与えたと考えられています。
 
 「根子では、番楽を絶やせないという、みんなの思いが強いんです」と語るのは番楽保存会会長の佐藤松夫さん。一時、中断した番楽ですが、地元の若者や保存会によって復活し、現在まで継続してきました。
 
 現在、根子番楽は、近隣地域の子供も参加して継承されています。『翁舞』を担当する佐藤敏文さんは、子供時代、番楽の花形『鞍馬』で牛若役を務めました。その敏文さんのお子さんも、もちろん番楽経験者。「部活で忙しい夏休みに、お盆の番楽の方を気にしているんですよ。子供たちが興味を持ってくれているのはいいことだと思います」と話します。
 
 平成22(2010)年2月、秋田市で行われたブンカDEゲンキプロジェクト主催の「番楽・獅子舞の競演」で、根子番楽はトリを務め、拍手喝采を受けました。どんな場所で演じても絵になる根子番楽ですが、やはり地元の根子地域で見る番楽が一番です。松夫さんは最後に観客に向けて「根子でみなさんをお待ちしています」と、演目を締めくくっていました。
 
平成22(2010)年4月掲載

【関連リンク】
●ウェブサイト:北秋田市役所「根子番楽」(外部リンク)

ページ上部へ戻る