本文へスキップ

風土を楽しむ

日本さくら名所100選「真人(まと)公園」

画像:日本さくら名所100選「真人(まと)公園」

 亀田地域の東側に位置する、標高391mの真人山(まとさん)を中心とした公園で、総面積は54,600㎡。前九年・後三年合戦で活躍した武将・清原真人武則(きよはらのまひとたけのり)が居城したと伝わることから真人の名がつけられました。
 
 大正天皇即位を記念して公園として整備されることが決まり、秋田市・千秋公園、横手市・横手公園と同じく長岡安平(ながおかやすへい)により作庭されました。りんご畑に囲まれており、ボート漕ぎができる池やフィールドアスレチックを楽しむことができるほか、平成2年(1990年)、日本さくら名所100選に選出された桜をはじめとした四季折々の花が見事な公園です。桜の見頃は例年4月下旬頃で、桜に10日~2週間遅れてりんごの花も見頃を迎えます。
 
 また、戦後すぐに大ヒットした映画「そよかぜ」のロケ地として使用され、園内には「リンゴの唄」歌碑と、主演女優並木路子の顕彰碑が建てられています。
 
 毎年4月末には、恒例の「元祖たらいこぎ競争」、8月には「元祖たらいこぎ選手権」が開催されます。旧増田町に10軒あまりの造り酒屋があった頃、酒造りに使った樽やたらいのたがが緩まないように、現在の真人公園の池に浮かべてありました。それに若者が乗って遊んだのが始まりと言われる伝統行事です。現在では、池に42.195mの直線コースが設けられ、直径90cm、深さ40cmのたらいに乗り込み、バランスをとりながら手でかいて進んで早さを競うユニークな競技になっています。転覆する人、くるくると回ってしまう人、上手に進む人。個人部門、団体部門などがあり、大きな声援を受けて競技は盛り上がりを見せます。
 
【お問い合わせ】
●元祖たらいこぎ競争
・横手市役所増田地域局産業建設課
・電話 0182-45-5515
 
●元祖たらいこぎ選手権
・たらいこぎ選手権大会実行委員会(横手市商工会増田支所内)
・電話 0182-45-3003
・関連ウェブサイト たらいこぎ実行委員会ブログ
 
2013年8月掲載

ページ上部へ戻る