本文へスキップ

食を楽しむ

まったぶ(またたび)の漬物

画像:まったぶ(またたび)の漬物


   「またたび」というと猫の大好物。焼酎でまたたび酒を作る人もいますが、ここ、金井神・上坂部(かないがみ・かみさかべ)地域では、「またたび」のことを「まったぶ」と言い、まったぶを使った漬物をよく作ります。

  金井神・上坂部地域では、虫こぶ状のまたたびを「女(おんな)まったぶ」、どんぐり状のまたたびを「男(おとこ)まったぶ」と呼び、「男まったぶ」ではまたたび酒を作り、漬物づくりには「女まったぶ」を使います。

  この「女まったぶ」を水にさらし、もんで綺麗にしたものを塩と水で漬け込んでいきます。何度も水と塩を替えて渋を抜き、塩漬けにしてできあがりです。
  食べるときは塩抜きをして食べます。焼酎をちょっと香りづけにふりかけることもあるそうです。

  味はサクサクとした木の実の食感と、食べたときにふわっと香るまたたびの香りが特徴的で、お酒のおつまみや、ご飯のおかずにもなる一品です。

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る