本文へスキップ

歴史を知る

三又の歴史

画像:三又の歴史


三又の歴史を『山内村史』で辿ってみると、天文元年(1533年)、高階通類の開拓にまでさかのぼります。

 地元では、奥州藤原氏の滅亡後、“ヤゴロウ”・“タスケ”・“サンゴロウ”と名乗る3人の落ち武者が流れ着いたのが始まりだと語り継がれてきました。三つの集落からなるため、“三又”と名づけられたそうです。
 この地方に数多く伝わる“山内の昔話”の一つ、「三又のヒヒ退治」よると、岩井川(現在の東成瀬村)から引っ越してきた豪傑“大次郎”が、三又に移り住んだ草分けだったとされています。大次郎は仙台からの落人であったこと、ヒヒ退治には“鉄砲”が使われたことが、物語の成立年代を示す手がかりになりそうです。
 紀行家・菅江真澄がこの地を訪れたのは、文政8年(1825年)の夏のこと。三又地域についての記述は、著書『雪の出羽路 平鹿郡』に収められています。
 真澄によれば、三又は元々、“三ッ野又”だったものが、享保の頃に“三又”に改められたということです。そして、「云い馴し事とて」、相変わらず「ミツノマタ」と呼んでいる住民の姿に触れています。これは今にいたるも同じこと。
 続いてつづられているのが、“兜沢(カブトサワ)”・“松沢”・“桂渓(カツラサワ)”の三本の川が落ち合うことから、三又と称されるようになったのだろう、という想像です。
 
  • 雪の出羽路平鹿郡・目次 三又
 
 真澄はさらに、弓投(ユナギ)ヶ森という岳を、本来は“ユミナギ”森であったろうとして、後三年の役の挿話を挟んでいます。
 それは、源義家の案内役を務め、馬前の草木を弓と刀で薙ぎ払った勇ましさから、「草ナギ」の姓を賜った仙北・白岩の利右エ門家について――。「ナギ」の一字(「弓剪」に草冠を加える)は、「前」・「弓」・「刀」を組み合わせて造られたものです。
 “弓”や“兜”をいただく地名の響きが、この故事の雰囲気と「よくよく似たり」と推理を展開させて、三又の章は締め括られています。
 
  • 菅江真澄の道標柱
 
 急斜面が多く、稲作には条件的に不利な地形であることから、集落では古くから副業が盛んでした。煙草栽培や養蚕に励み、年貢米を購入して納めていたという珍しい地域です。蚕室に用いたことから二階の造りも違い、岐阜県・白川郷の民家のような茅葺き屋根が連なっていました。
 また、興行を目的として三又神楽の一団が組まれています。こうした創意工夫の習慣が、前向きで明るい気風を育んだようです。
 
 
 
■参考文献
『山内村史』
『山内村のむかしっこ』黒沢せいこ著
『雪の出羽路 平鹿郡』菅江真澄著

 

2010年4月掲載

ページ上部へ戻る