本文へスキップ

歴史を知る

農聖・石川理紀之助翁の足跡

画像:農聖・石川理紀之助翁の足跡

 

 石川理紀之助翁は、江戸・明治・大正と、三つの時代を生きた農業指導者です。著書の『適産調(てきさんしらべ)』は、49町村の集落を調査してまとめられた731冊にも及ぶ膨大な計画書で、土壌分析など、農事全般についてはもとより、地理・歴史を始め、その記述は多岐にわたっています。理紀之助はこれを、貧村の救済と後進の育成に役立てようとしました。生涯を農業と農民に捧げ切った理紀之助は「農聖」と称えられ、今も敬い親しまれています。
 
 理紀之助が三又を訪れたのは明治31(1898)年のこと。前年に大凶作があり、各地の寺社・学校に寝泊まりしながら視察の旅をした「救荒巡回」の時期と重なります。理紀之助は地域振興の方策を住民に語り、親交も結んで、一首の和歌を残しました。「豊かな実りに恵まれても、飢饉のときの心構えを忘れるな」という意味だそうです。三又の人々はそれを大切にして、日々の暮らしに励んできました。
 
石川理紀之助翁が三又に残した和歌
 
 理紀之助は自己に厳しかった人で、借金にあえぐ村人と暮らしを同じくし、再生まで滞在し続けるなど、徹底的な指導法を採りました。日課の第一は、午前3時に板木(はんぎ)を打ち鳴らし、起床を促すというものです。
 ある吹雪の日、いつも通りに板木を叩いて戻ってきた理紀之助を、「こんな天気では誰にも聞こえるものではありませんよ」と心配した妻がたしなめたところ、「私はこの村のためだけに板木を打つのではない。500里の向こう、500年後の人々へも聞こえるように打っているのだ」と答えたという逸話が伝わっています。
 
 『世にまだ、生まれぬ人の耳にまで 響き届けよ、掛け板の音』
 
 昭和63年(1988年)、三又では住民の手によって交流の拠点となる「麓友館」が建てられました。理紀之助が贈った書を、掛け軸にして館内に据えています。“麓友”は文中の言葉――。
 個人の能力ではなく、集団の協力を尊んだ理紀之助の教えは、三又の“結い”精神と溶け合って色濃く留められています。板木の響きは、ここにも聞こえていました。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る